中古車の個体差のリスクを防ぐために

  • 中古車の個体差のリスクを防ぐために

    • 新車に比べて中古車はコンディションの個体差が大きく、前オーナーがどのように乗っていたか、その影響に大きく左右されることがあります。

      見た目はきれいでも、エンジンオイルの交換などをあまりしていなかったかもしれません。

      クルマのことをあまりよくわからないドライバーは、車検までエンジンをオイルを交換していなかったということもあるようです。

      また、近所の足として、あるいは近距離の通勤に毎日利用していたかもしれません。
      そのような場合走行距離は短くて魅力的に感じるのですが、このようなクルマの使い方はエンジンの負担が大きく、見た目以上にエンジンにダメージがある場合が少なくありません。

      このように見ただけではわからないことが多いのです。

      そのために必ず試乗する必要があります。
      試乗してみて、エンジンにパワーがないと感じたり、騒音や振動が大きいと感じたら、購入しないほうが無難かもしれません。
      ただ、少し試乗したくらいではクルマのコンディションをすべて知ることはできません。

      購入してしばらくたってから、いろいろと不具合が出てくることも多いのです。
      このようなリスクはどの中古車にもあります。安くクルマを購入することができるリスクとして、ある程度覚悟する必要があります。


      しかし、このようなリスクを軽減させる方法があります。


      それは保証が付いている中古車を購入することです。

      まず、新車から5年以内の国産車であれば、メーカー保証がついているので安心です。


      故障が発生した場合、ディーラーに持ち込めば、無料で修理してくれます。では5年以上経過したクルマの場合はどうなるのでしょう。
      そのようなクルマの場合は、販売店が保証を付けている場合があります。

      たとえば、トヨタなどのディーラー系中古車販売店の場合、1年の保証が無料でついてきて、さらに有料でもう2年保証期間を延長することができます。
      さらにハイブリッドカーの場合、ハイブリッドシステムに対して、10年20万円キロまでの保証を付けています。
      これは新車でハイブリッドカーを購入するよりも手厚い保証であり、トヨタも思い切ったことをするものだと驚かされます。
      中古車の販売価格ばかり目が行きがちですが、このような保証の有無は販売価格以上に大きな差です。

      このような手厚い保証を付けることができるのは、整備工場を完備しているディーラーならではですし、また自社のクルマに対する絶対的な自信があるからこそです。
      特に、ハイブリッド保証は、ハイブリッドカーの中古を購入する人にとって本当に大きな安心です。ハイブリッドシステムが故障すると、普通ガソリンのクルマに比べて高額な修理費が発生します。
      そのために購入をためらっている人もいるかもしれません。


      しかし、10年20万キロもの保証が付けば、ほぼ故障のことは心配しないですみます。しかし、同じトヨタのハイブリッドカーでもディーラー以外で購入すれば、このような保証はつかないのです。



      バイク買取情報は初心者にも分かりやすいです。







      https://4meee.com/articles/view/812369

      http://talk.m3q.jp/?comment_id=97&page=239

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6676810.html

  • 関連リンク